メニュー

ホメオパシー健康相談

ホメオパシー健康相談会



当サロンが今までホメオパシーでお受けしたお悩み

●アトピー性皮膚炎●喘息●糖尿病●不妊●多発性硬化症
●起立性調節障害●リウマチ●繊維筋痛症●電磁波過敏症
●化学物質過敏症●変形性股関節症●食物アレルギー
●発達障害(ADHD,多動症、アスベルガ―、自閉症、学習障害)
●統合失調症●子宮筋腫、子宮内膜症●脳脊髄液減少症●慢性鼻炎、蓄膿症
●貧血●突発性難聴●中耳炎●耳鳴り●斜視●甲状腺機能亢進症、低下症
●認知症●鬱●逆流性食道炎●潰瘍性大腸炎●肝がん●膵がん●肺がん●悪性リンパ腫
●胃がん●子宮がん●子宮頸がん●大腸がん●膠原病●パニック障害●脱毛●てんかん
●慢性頭痛●慢性疲労●月経不順
など数々の相談を承りました。

ホメオパシーってなぁに?

06_moji-1.JPG

【ホメオパシーってなぁに?】
海外では健康保険の適応も認められている、ドイツ発祥の220年以上の歴史ある医療です。
ヨーロッパでは、駅や空港、街中の薬局で、手軽にホメオパシーのレメディーを購入すること可能です。(欧州42か国のうち、41か国でホメオパシーが使用されています。)
特にイギリスでは非常に人気が高く、イギリス王室の主治医には必ずホメオパスがいて、ロンドンには王立ホメオパシー病院というホメオパシー療法専門の大きな病院を始め、4つのホメオパシー病院があります。


日本語では「同種療法と訳され 簡単に言えば「似たようなものが似たものを癒す」
例えば、・風邪をひいたら、ネギを首に巻く
・熱が出れば卵酒を飲む
日本には昔からこのような同種療法がたくさんあります。
まさに、これが同種療法です。
「熱には熱を加える」ことにより、熱で熱を押し出そうとするのです。


【ホメオパシーで使うレメディって?】

ホメオパシーでは「レメディー」という砂糖玉を使います。
レメディーは様々な作用を持つ植物や鉱物など、元の物質がなくなるまで薄める「希釈、振盪」という特別な方法によって作られます。
似たような作用のあるレメディーを摂ることでその症状に気づかせ回復に向かわす。
例えば、玉ねぎから作ったレメディーがあるのですが玉ねぎを切ると、涙がでて鼻がムズムズしますよね。
同種の考えで、花粉症の時に用いることが多く目がヒリヒリ涙と鼻水出てるよ!と身体に気づかせます。

西洋医学では、 症状を抑えるために作用する(逆種的)「薬」を使いますが、ホメオパシーでは症状と似た性質(同種的)をもつ「命」ある自然界に存在する物質を、更に薄めたものが「薬」になり、副作用なく安心して服用できると注目されています。

そして約200年前、ドイツの医師サミュエル・ハーネマンがキナという植物の樹皮を健康な人が食べるとマラリアに似た症状になり、マラリアに似た症状の人に食べさせると良くなるということを発見しました。
そして様々な臨床を重ね「同種の法則」を再発見し、体系的に作り上げ、「ホメオパシー」と名づけました。


●ホメオパシーの愛好家としてはサッカー選手のベッカム、俳優のキャサリン・セダ・ジョーンズやオーランド・ブルーム、またマザー・テレサ、画家のモネなど多く知られています。

インドでは現代医学、アーユルベーダ、ホメオパシーの3つが第一医学で、患者がどれで治療するか選べるようになっているのです。イギリスでは王室がホメオパシーを健康法として取り入れており、王立ホメオパシー病院もあります。
そして、日本では漢方、鍼灸、カイロプラテックなどの代替医療のひとつで2012年統合医療として認められました。10万人ほどが使用している療法となっています。

【ホメオパシー健康相談って?】

01_moji-1.JPG

相談会では、病気や疾患を見るのではなく、それに伴う痛みや苦しみなど症状をお聞きし、その人自身「ぜーんぶを見る(症状・痛み・痒み・苦しみ・悲しみ・憎しみ・怒り・臓器・循環・体質・傾向etc)」 心強い療法です。まるごと見た、お聞きした中でたくさん種類のあるレメディの中から「今、必要とされる」レメディをお選びいたします。(レメディ代 別途))
  ※相談後、45日間の無料サポート付なのでご安心ください。


平成25年9月1日(日)東京大学 弥生講堂一条ホールで開催の
「第三回精神薬の薬害を考えるシンポジウム」で、 日本ホメオパシー医学協会の由井寅子会長がパネリストとして招聘され発表し、とても大きな反響を呼びました。

 「医学不要論」などのベストセラーで話題の内海聡医師が代表を つとめるNPO主催で昨年も向精神薬薬害の実態が公開され大きな社会的 反響を呼んだシンポジウムです。
貴重な情報ですので心の問題だけでなく、さまざまな病で悩まれる方に少し長い収録ですが、是非ご覧頂けましたら幸いです。

また、由井寅子会長がホメオパシーについても話されているので参考になさって下さい。

●ホメオパシーについて
  日本ホメオパシ医学協会会長 由井寅子 / 内海医師との質疑

会場とのフリーディスカッション




*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴∴*∴*∴*∴*∴*

★当センターの特典★

1)健康相談後、45日無料サポート
2)食養生(体質・症状に合わせた食事)もアドバイス
3)必要な方には、さまざまなお手当てで!
4)当サロンを応援して下さっている、お医者さまへのご紹介も可能

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴

<料金>
ホメオパシー健康相談(中学生以上) 約90分 12000円(11111円 税別)
ホメオパシー健康相談(小学生以下) 約60分 8000円(7408円 税別)
ホメオパシー応急相談 約20分 1000円(926円 税別)
※2016年1月1日より料金改正しました

▲ページトップへ戻る