ダブル水素ポータブル「源(Minamoto)」
新!ダブル水素ポータブル 源 Minamoto 特徴
・手のひらサイズで手軽に、安全に、どこでも簡単、水素吸入ができます
・一台で水素水と水素吸入ができます。
・1分間で最高12mm。20分の吸入で200mlの水素ガス発生。
・99.9%以上の純水素。(水素水に換算すると40,000ml以上。
・水素水生成時、わずか6分で1100ppbの水素量。
・デュポン社のプロトン膜採用(PEM方式)により、純水素のみを内部に発生させます。
・酸素、オゾン等は底部より排出します。
・濡れても安心、防水構造。(注:生活防水なので、水の中に直接入れる等の行為はしないでください)
・pH値がほぼ中性なので、お子様ご年配の方も安心
水素が発生する仕組み
 
 
 水素が発生する仕組みには、いくつかの方法があります。
代表的な方法は
・電気分解方式
・マグネシウム化学反応方式
・PEM(量子交換膜)方式
・気体過飽和式
 
これらが、今 流通している水素製品の水素生成方法です。
ダブル水素ポータブル「源 Minamoto」は高機能 PEM(量子交換膜)方式を採用!!
 
 
 PEM(量子交換膜)方式とは?
一般的な電気分解の中でも(2室方式、2極方式)など数種類がありますが、それぞれ強アルカリに傾く、オゾンが発生する、廃棄水が出る、水素濃度がすぐ下がるなどの弱点があります。
また、発生する気泡の大半は酸素と空気になるので水素は少量しか発生されてません。
 
量子交換膜方式電気分解は、プロトン膜(水素のみ通す膜)により、高純度の水素を発生させます。
電極の金属も純チタンを使用しているため有害な金属が水素水などに溶けだす心配がなく安心、安全な方式となっております。
 
 
 
Minamotoの水素量
 

・1分間で最高12mm。20分の吸入で200mlの水素ガス発生。
・99.9%以上の純水素。(水素水に換算すると40,000ml以上。)
 ※旧モデルより水素量がアップ
・水素水生成時、わずか6分で1100ppbの水素量。
源 Minamotoは純水素を発生
 
 
 
 
吸入用チューブでビニール袋に300mmガスを回収後
水素濃度を体積で計測した結果です。
H2  91Vol%  O2 0.9%
ほぼ純水素(純度99%以上)であることが確認できます。
ダブル水素ポータブル 源 ご使用前に

 

1. 本体を充電しましょう
本体背面充電差込口にUSBコードを差し充電をします。充電中は赤く点滅します。充電完了のサインは、本体中心部が青く点灯と完了サインです)※急速充電は使用されないでください。必ず付属のUSBコードをご使用ください。充電完了まで約3時間かかります。

 

 

2. 充電完了後、本体内部の凹み部分に少量の水を入れ、10分放置後、電源ボタンを連続2回押し、内部が青くなった状態で6分水素を発生させます。その後、水を廃棄し、新たに水(又は精製水)を入れ替えて通常使用お願いします。※納品時は、メッシュ部分が乾いた状態のため、電極を傷めないためおこなってください。

 

 

 

水素吸入の手順

 

1. 本体中央凹に精製水を少量いれます。

 

2. 本体側面にある電源ボタンを2回タッチし本体内部が青に点灯で、6分間水素が発生。電源ボタンを3回タッチし本体内部が黄緑に点灯で、20分間の水素が発生します。

 

3. 電源OFFをされる場合、電源ボタンを長押しで切れます。

4. 水素吸入を20分間2回ご使用された場合は、連続でのご使用は控え内部の精製水も交換します。

5. 吸入が終わりましたら、内部の精製水は廃棄し清潔な状態で保管お願します。 

 

ダブル水素ポータブルで水素水、簡単生成方法

 

<専用ボトルでの水素水生成の場合>

 

 

 

 

 

 

<ペットボトルで水素水生成の場合>

 

1. 本体中央部の凹部に、ペットボトルの蓋の口径サイズが28㎜に限ります。(主に海外ブランドのミネラルウォータで使用されています。国内ブランドの口径サイズは25㎜が多いです)

2.電源を連続2回押しすると気泡が出てきます。約6分間で水素水が生成できます。

3.生成完了したら、ペットボトルと本体を直ぐ外すのではなく軽く振ってから外されると水素が水の隅々まで行き渡ります。

※源の水素残存時間は長めではありますが、なるべく短時間の間に高濃度の水を飲まれる方がお勧めです。
6分で簡単に出来立ての新鮮な水素水が飲めるので飲みたいときに生成されることをお勧めします。


お手入れ方法
精製水でご使用の場合・・・約300回に一回程度
ミネラルウォーター、浄水器の水でご使用の場合・・・約100回に1回程度
本体の電極の洗浄(お掃除)をお願します
①専用ボトルに200㏄鄭殿水を入れ、クエン酸または酢を小さじ一杯程度いれてください。
②本体に①をセットして5~10回程度振ってください。
➂②の水を捨て、新しい水を入れ、再びセットしてからよくすすいでください。
※洗浄しても気泡が極端に少ない場合、1~2の工程を数回おこなってください。
ダブル水素ポータブルのQ&A
Q:水素吸入に使う水は水道水ではダメなのでしょうか?
A:水素吸入で使用される際の水は精製水やミネラルウォーターが望ましいです。
水道水でも可能のですが、電極にカルキや不純物が付着し故障の原因にも成りかねます。
緊急を要するときは矢も得ないかもしれませんが、基本的には精製水やミネラルウォーター、
浄水器での水をご使用お願いします。
Q:家族や知人と兼用して使いたいのですが。カニューレは別にした方がいいですか?
A:そうですね。カニューレの先端の吸入部は鼻の粘膜に接触するので衛生上のこともあるので
Myカニューレをご持参いただくことをお勧めします。
ご使用後、先端の吸入部を軽く洗い消毒用のコットン又はエタノール等で消毒して保管ください。数回使用されたら新たなものとお取替えください。
別売でカニューレの販売もしておりますので、ご安心ください。
Q:吸入をした際、臭いは気になりませんか?
A:基本的には無臭です。しかし、稀に敏感な方でカニューレのチューブの素材の臭いを感じる方もあります。源は先に酸素とオゾンを分離排泄しているので水中に発生する気泡は純粋な水素だけですので安全、安心、いつでも新鮮な高濃度な水素を吸入(飲用)いただけます。
Q:吸入は1日に何回するのが理想ですか?
本製品は家庭用で健やかな心身をサポートする水素吸入器で、治療目的のものではございません。
疲れた身体を癒す目的で、1日1回(20分間)~2回ぐらいを目安にご使用ください。
連続使用は控えていただき20分×2回分稼働した場合、本体の温度が冷めるまで器械を休ませてください。
連続使用されますと器械本体が高温になり故障の原因になりかねま
Q:水素水は保存できますか?
A:本製品は生成後、ペットボトルの蓋を開けた状態で2時間放置しても殆ど水素量に変化がないので半日に一度、生成するば大丈夫だと思われますが、より効果的に飲用されたい場合は生成後、なるべく早めにお飲みいただくことをお勧めいたします。
 
通常セット 通常セット

水素吸入器 本体(アタッチメントA)

・カニューレ接続キャップ
本体水漏れキャップ
・専用ボトル(水素水生成用カップ)
カップカバー
・USB充電器コード
カニューレ(1本)
・クエン酸洗浄剤(5つ)
・取扱い説明書
本体仕様 本体仕様
・方式:PEM方式
・入力電圧:100〜240V、DC5V、1A 
・内臓バッテリー:3.7V 1600mA
・充電/可動時間:180分/60〜75分
・材質:外装ボディ/ABS 電極/チタン 専用カップ/PCT
・用途:家庭用
・寸法:6cm×6cm×21cm(専用ボトル装着時)
6cm×6cm×8cm(カニューレキャップ装着時)
・重量:(本体)133g 専用カップセット(297g)
・生産国:日本
・重量:276g
・生産国:日本

水素の機器のご活用例

 

 
 休憩中や、お仕事中でも水素吸引をお楽しみ頂けます。